ボトックスとは

今流行のボトックスとは

ボトックス注射というものをご存知でしょうか。ボトックス注射は、美容や小顔などに効果があると言われている注射で、現在、美容皮膚などで治療によく使われている施術法です。ボトックス注射の原料はボツリヌス菌というもので、毒性の強いことで知られるボツリヌス菌から毒素を取り除いた成分です。毒素のない成分から抽出したボトックスは、安全性が証明されていますが、もともとは筋肉の動きを抑制する効果があることで、さまざまな医療機関で使われてきました。そのボトックスにさまざなな効果があることがわかり、今ではアンチエイジングの分野での人気が高くなっています。ボトックス注射で最も効果が高いと言われているのが、表情シワです。

ボトックス注射のさまざまな効果

表情シワとは表情筋によって作られるシワで、ボトックス注射で筋肉の収縮を抑えることで、目尻などの表情シワを予防することができるのです。次に効果が高いのは、多汗症やワキガの症状です。多汗症やワキガの人はが汗腺であるアポクリン線やエクリン線が発達しています。ボトックス注射はこの汗腺からの分泌液が出ないように筋肉の働きを抑制することで汗の量を減らし、ニオイを解消するのです。手術する必要がなく、注射だけで症状が改善することで人気があります。また、ボトックス注射は小顔効果があることで知られています。ボトックス注射が、顔が大きく見えがちなエラの筋肉を収縮させることで、顔を小さく見せる効果があります。注射して1ヶ月後ほどに効果が表れてきます。