Beauty

たるみを無くす方法

目の下のたるみは万人の悩みとも言えます。加齢が原因になるので仕方ない所はありますが、美容整形や化粧水といった様々な方法を駆使することで、お肌のたるみを除去して美しくする事が出来ます。

詳細を確認する

トピックス

目の下にできるクマは疲れサイン

目の下にできるキマは疲れやストレスといったものも原因となってきています。ストレスを溜めないようにする事と、専門の施設でクマを除去する治療を受ける必要があります。

詳細を確認する

ボトックスとは

ボトックスという言葉を聞いたことがある方も多いように、近年美容や小顔になるためにボトックス注射を行なう方が増えています。ボトックスにはボツリヌス菌が使われ、アンチエイジングの効果があると言われています。

詳細を確認する

トピックス

サーマクールでリフトアップ

禁煙では高周波を使ったサーマクールと呼ばれる施術が存在しています。コラーゲンを生み出す効果もあるため、しわやたるみといったお肌を改善するために、注目されている施術方法です。

詳細を確認する

より美しい肌へ

切らない方法を選択する人が増えそうです

美容外科クリニックで行われている目の下のたるみ取り治療には、様々な種類のものがあります。昔からよく行われてきた目の下のたるみ取り治療は、下眼瞼脱脂術という名前の美容整形手術です。簡単に説明すると、下まぶたに生えている睫毛に沿ってメスを入れ、そこから余分な脂肪を取り除いた上で皮膚を切除して縫い縮めるという方法です。目の下に生じているたるみを直接除去してしまう方法であるため、確実にたるみ取り効果を得ることができるというメリットがあります。ただし、目立たないとは言え皮膚に傷跡が残りますし、術後のダウンタイムも長くかかります。もっと楽な方法で目の下のたるみ取り治療を受けたいと希望する患者が大勢いたため、メスを用いない治療がたくさん開発されました。切らない治療を希望する患者が圧倒的多数を占めていますので、今後はメスを用いない方法が採用されるケースが増えるだろうと考えられています。

治療を受ける際の注意点について

目の下のたるみ取り治療を受ける場合は、いくつかの点を注意しておく必要があります。メスを用いない方法には、下まぶたの裏側に穴を開ける方法や、特殊な糸を用いる方法、高周波を照射する方法、注射を打つ方法などがあります。どの方法で治療を受けるかによってかかる費用が大きく変わってくることになりますし、効果の持続期間にも違いが生じてきます。重症のたるみを確実に治したいと希望しているのであれば、目の下の皮膚にメスを入れるたるみ取り治療を受ける方がよいです。また、治療効果に永続性があることを望むのであれば、メスを用いる手術を受けるようにするのが一番です。一方、短期間だけ目の下のたるみをなくすことができればよいという人や、費用をできるだけ安くあげたいと希望している人などには、注射を用いる方法をおすすめすることができます。